女の人

うつ病診断を受けるメリット|早期発見の重要性

再発の恐れ

悩む女性

うつ病は診断を受けてから回復するまでにとても時間がかかります。自分一人では治すことができない病気となっているので、焦らずに治療に専念することが大切です。うつ病は人によって発症原因が違いますが、体質が原因となっている人は再発してしまう可能性が高くなるので注意が必要です。
うつ病には急性期や回復期、再発予防期の大きく分けて3つの過程があります。急性期は診断を受けてから約3か月程度で、休養をとりながら投薬治療を受けることで、すぐに症状の改善が期待できます。しかし症状がひどい人の場合だと約半年以上かかる人もいます。
近年使用されている抗うつ剤は依存性がないので、量を調整しながら比較的安全に利用することができますが、抵抗のある人はカウンセリングを受けることが必要です。回復期は診断からおよそ6か月以上と言われていて、調子がよい日が続くことが多いです。たまに悪化してしまう場合もありますが、焦らずに治療を続けることがとても大切です。回復期は特に注意が必要で、調子のよい日が続いたことでうつ病が完治したと勘違いしてしまい、再発してしまう恐れがあります。時間をかけて治療することで必ず、完治できるので焦る必要ありません。回復期は、社会復帰に向けて外出したり、復職したりなど少しずつ無理のない程度に生活リズムを整えていきましょう。

診断から1年から2年ほど経過すると症状も安定し、ほとんどの人が社会復帰を果たしているかもしれません。しかし油断してしまうと、再発の恐れがあるため、1年を過ぎても投薬治療を継続する場合があります。薬を継続することで再発予防にとても効果があり、症状改善や完治を期待することができるかもしれません。しかし、自分勝手に薬をやめてしまうと、めまいや吐き気、倦怠感などの症状が出てしまうので注意が必要です。
上記の通り、うつ病は人によって治療に必要な期間が全く違います。焦って社会に溶け込もうとすると逆に症状を悪化させてしまうので注意しましょう。投薬治療と一緒にカウンセリングなども利用すると効率よくうつ病からの回復を望むことができます。

自身がうつ病なのかどうかを知る為の、うつ病診断結果は高確率なもので、今どれほどのストレスを抱えているのかを把握できるでしょう。仕事、家庭、プライベート、さまざまな環境の中で人はストレスを溜めるキッカケに遭遇するものです。自分だけは大丈夫だと自負せずに、日頃から自分に適したストレス解消法を身に付けておくといいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加